6月の誕生石【皇帝の石】アレキサンドライト!

アレキサンドライトの名前の由来

アレキサンドライトは1830年、ロシア帝国ウラル山脈のエメラルド鉱山で発見された。

その時のロシア皇太子(のちのアレキサンダー2世)が12歳の誕生日、その名にちなんで【アレキサンドライト】という名前が付けられたといわれています。

 

アレキサンドライトの特性

2つの顔を持つ魅惑の宝石。

『昼のエメラルド』『夜のルビー』といわれ、太陽光の下では緑色、夜の室内やロウソクや白熱灯の下では深紅、赤紫色に変化します。

この神秘的な輝きに魅了された方は多いのではないでしょうか。

 

 



クレサンベール アレキサンドライト

クレサンベールとは、京セラが独自に生み出した技術を用いて、宝石を再結晶化することです。

天然の宝石とほぼ同じ成分で、不純物が少ない高品質の宝石を作り出すことができます。






最新情報をチェックしよう!